ライフスタイル

iPhoneの画面がブラックアウトした時の解決策

iphone
まっつん
まっつん
どうも、まっつん(@matusato7)です。

 

以前iPhone歴8年にして、突然画面がブラックアウトして操作不能になる現象が発生しました。

しかもAppleCareを解約した1週間後というタイミング。

それはもうめちゃくちゃ焦りました。

だって衝撃とかなにも加えていなかったのに、気づいたら画面が真っ暗ですからね。

結局、故障ではなく自力で復旧できたのでことなきをえましたが、皆さんにも同じような現象が起きるかもしれません!

そこで今回は、復旧までの対応と解決策を記しておこうと思います。

 

気づいたらiPhoneの画面がブラックアウト…

その日は家族で公園に遊びに来ていました。

iPhone(8)のカメラで一通り写真を撮り終えたことに満足し、スリープモードにしてからズボンのポケットにしまいました。

ポケ活しようと思い、ポケモンGOを起動する為にiPhoneを手にしたら…

iphone
「あれ?画面が表示されない??なんで!??」

ホームボタンは振動するのにうんともすんとも言いません。再起動を試みますがそもそも電源が切れない(汗)

充電は間違いなく半分以上残っていました。

試しに嫁のスマホから電話をかけましたが、ホーム画面は真っ暗なままで着信音も鳴りません。

呼び出しはできていたので回線に問題はなさそうでした。

ここらへんでAppleCareを解約したことを思い出し、プチパニックですw

iPhone8に買い換えて1ヶ月も経っておらず、大きな衝撃を加えたこともなかったし、全然思い当たる節がありません。

ナンテコッタ\(^O^)/

 

簡単に復旧!その解決策とは?

子供と楽しく遊んでいた状況から一転、一人だけ全く笑えない顔になってしまいましたw

一度冷静になり、嫁のスマホを奪ってグーグル先生に聞いてみることに。

「…iPhone ブラックアウト」

すると同じ症状の事例がたくさん出てきました。もしかしたら結構有名な症状でもあるんですかね?

ちょっと焦って損した気分ですw

Appleの公式サイトに載っていた強制リセットを試したら無事復旧しました!

iPhone、iPad、iPod touch の電源が入らない場合やフリーズする場合

画面が真っ黒になったりフリーズしたときは、場合によってデバイスを強制的に再起動する必要があります。

強制的に再起動してもデバイスのコンテンツは消去されません。

画面が黒くなっていても、ボタンが反応しなくても、強制的に再起動することができます。以下の手順で対処してください。

◎iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus の場合

音量を上げるボタンを押して、すぐに放します。音量を下げるボタンを押してすぐに放してから、Apple ロゴが表示されるまでサイドボタンを押し続けます。

◎iPhone 7 または iPhone 7 Plus の場合

サイドボタンと音量を下げるボタンを同時に 10 秒以上、Apple ロゴが表示されるまで長押しします。

◎iPhone 6s 以前、iPad、iPod touch の場合

ホームボタンと上部のボタン (またはサイドボタン) を同時に 10 秒以上、Apple ロゴが表示されるまで長押しします。

出典:iPhone、iPad、iPod touch の電源が入らない場合やフリーズする場合 – Apple サポート

 

iPhoneのブラックアウトを招いた原因を考える

なぜブラックアウトしたのか考えてみましたが、正直謎です…。

ただ思い当たる節をあげるとしたら、カメラを起動したままスリープモードにしていました。

もしかすると、複数のアプリをバックグランドで起動していたことが原因ではないかと推測しています。

これらが何かしらの要因でエラーを引き起こしていたのではないのかと。

いずれにせよ、iPhoneは精密機器であることに違いはないので…

①使わないアプリはすぐ落とす

②月に一度は電源を切って再起動をかける

最低限この2つの対策をすることが望ましいのかもしれません。

 

もしもの為にiPhoneのバックアップはこまめに取りましょう

今回、強制リセットで復旧したのでデータも消えず事なきを得ましたが、場合によっては初期化しなければ直らないこともあるようです。

もしもの為に、iPhoneバックアップはちょくちょく取っておきましょう!そないあれば憂いなしです。

それと、できればAppleCareにはケチらず入っておいたほうが良いかもしれませんね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください