グルメ

【限定発売】セブンプレミアム蒙古タンメン中本 旨辛焼そばを食べてみた!

蒙古タンメン中本旨辛焼そば
まっつん
まっつん
どうも、まっつん(@matusato7)です。

 

激辛ラーメンで有名な蒙古タンメン中本をご存知ですか?

首都圏を中心に店舗を構える人気店で、激辛特集などTVで取り上げられるほどなんですよ。

店舗には有名人のサインがズラリと飾られていて、長い行列ができることも。

そんな中本の人気メニュー蒙古タンメンが、セブンイレブンコラボ10周年を記念してシリーズ初の「焼そば」である「セブンプレミアム蒙古タンメン中本 辛旨焼そば」として限定発売されました。

これは絶対食べなくてはと思い、早速購入して食べてみたので感想などレビューしてみたいと思います!

 

蒙古タンメン中本 旨辛焼そばの製品情報をおさらい!

製品情報

内容量 176g(麺量130g)
カロリー 764kcal
麺の種類 油揚げ麺
価格 218円(税込235円)
販売店舗 全国のセブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマート、そごう・西武等、合計約21,000店舗
※一部店舗では取り扱っていないので注意

 

◎濃厚なソースに負けない食べ応えのある極太ストレート麺
◎中本らしい唐辛子や味噌、ニンニクの旨味をソースと融合し、中本ならではの味わいを実現
◎具材は、キャベツ、チャーシュー、人参、キクラゲ

引用:株式会社セブンイレブンジャパン プレスリリース

食欲を掻き立てる赤色のパッケージ

蒙古タンメン中本旨辛焼そば見てください!これぞ“THE中本”とも言える色合いをした食欲のそそるパッケージ。見ているだけで涎が出てきますw

製造メーカーはカップ麺と同じ日清食品です。

蒙古タンメン中本旨辛焼そば辛味噌風味マヨ付きの文字がとても気になります。

おそらくこれが辛さの基になるんじゃないかと予想・・・ゴクリ

蒙古タンメン中本旨辛焼そば裏面には「※辛味が強いので注意してお召し上がりください。」

との記載が!なんでこんな小さく書かれているんだろう。

もしかして言わなくても辛いのわかってるよね?くらいのスタンスなんでしょうかねw

 

蒙古タンメン中本 旨辛焼そばの調理方法

開封

蒙古タンメン中本旨辛焼そばフタを開けると中には粉末ソース、液体ソース、辛味噌風味マヨの小袋が3つ入っています。

麺の下にはキャベツ、チャーシュー、人参、キクラゲのかやくがあり、このあたりは普通のカップ焼きそばとほとんど同じ見た目です。

お湯を入れる

蒙古タンメン中本旨辛焼そば3つの小袋を取り出したら、熱湯を内側の線まで注ぎフタをして5分待ちます。

その際、液体ソースのみフタの上に置いて温めます。

5分経ったらお湯を捨てる

蒙古タンメン中本旨辛焼そば5分経ったら湯切り蓋をあけ、お湯を捨てます。しっかり湯切りしましょう!

液体ソースと粉末ソースを混ぜ合わせる

蒙古タンメン中本旨辛焼そば液体ソースと粉末ソースを混ぜ合わせていきます!普通のソースより色が赤いですね。

あぁまた思い出したらヨダレが出てきましたw

湯気と一緒にソースのいい香りが漂ってきますが、早くも鼻にツーンと刺激がw

蒙古タンメン中本旨辛焼そば見た目だけならそこまで辛そうに見えませんね。

むしろカップ麺の方が赤々していて辛そうかな。

辛味噌風味マヨをかけて完成!

蒙古タンメン中本旨辛焼そば仕上げに辛味噌風味マヨをかけて完成!ちょっと毒々しいとも言える綺麗なオレンジ色をしたソースです。

もはや僕が知っているマヨソースではありませんw

 

やっぱり中本!期待に応える旨辛具合が絶妙!

蒙古タンメン中本旨辛焼そばお腹ペコペコだったので勢いよく口の中へ!あれ思ってたよりそんなに辛くない…?

辛あぁぁぁぁぁぁあー!!!

いやぁー普通に辛いですwちょっと時間差でくるじわじわ系の辛さですね。

カップ麺と違って焼そばなので、辛味ソースがダイレクトに入ってきます。

ただ辛いだけではなくコクのあるソースと味噌の辛味が絶妙にマッチしています。

それにニンニクのパンチも効いていて普通に美味い!

良い仕事してます!

蒙古タンメン中本旨辛焼そば完食するまでは飲み物を飲まないという謎のルールを作って、1人でヒーヒー言いながら食べましたw

食べ終わった頃には頭皮から結構な汗がw

 

蒙古タンメン中本旨辛焼そばは期間限定!食べるならお早めに。

蒙古タンメン中本旨辛焼そば今回ご紹介した「蒙古タンメン中本旨辛焼そば」は期間限定商品となっています。

カップ麺とはまた違った美味しさで激辛好きにはオススメの一品です!

食べるならお早めに。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください